東京駅・銀座・日本橋周辺の観光スポット8 東京都恩賜上野動物園など

東京藝術大学大学美術館(東京都台東区上野公園12-8)
東京藝術大学付設の美術館。平櫛田中[ひらくしでんちゅう]、尾形光琳[おがたこうりん]など約2万8000件にのぼる芸術資料を収蔵。4つの展示室では特別展が年2〜3回、芸大コレクション展が年2回開催される。

東京国立博物館(東京都台東区上野公園13-9)
日本をはじめ、東洋全般にわたる美術品や考古遺物を展示する博物館。収蔵件数は11万件にものぼり、国宝91件、重要文化財600件以上を擁する。本館(重要文化財)は日本の美術・工芸品を展示。東洋館ではアジア・エジプトなど東洋の美術や考古遺物を展示している。明治洋風建築を代表する表慶館(重要文化財)や鳥取藩池田家江戸屋敷正門(重要文化財)のほか、本館北側には日本庭園(春・秋期のみ公開)もある。所要3時間。

東京都恩賜上野動物園(東京都台東区上野公園9-83)
1882年(明治15)に開園した日本初の動物園。東園と西園に分かれた園内では、約500種の動物を飼育。ゾウやキリン、ペンギンなど人気者が勢揃いしている。西園・なかよし広場では、ヤギやヒツジとふれあえる。東園と西園はモノレール(150円)が結び、旧寛永寺の五重塔(重要文化財)も敷地内にある。

東京都葛西臨海水族園[東京都立葛西臨海公園](東京都江戸川区臨海町6-2-3)
葛西臨海公園内にある水族園。530種4万5000点もの海洋生物が集まり、マグロが群泳する大水槽をはじめ、東京の海から世界の海までエリア別に展示している。海の生物たちについて楽しく学ぶめのプログラムも充実。「魚の泳ぎ方」「身を守るくふう」など、テーマに沿ったガイドツアー(11時〜、13時30分、所要45分〜1時間)、ペンギンやマグロのスポットガイドも行われる。資料室ではオリジナル映像のビデオ鑑賞可。所要1時間。

東京都現代美術館(東京都江東区三好4-1-1)
国内外の現代アートの作品約4000点を収蔵。そのうち百数十点を展示する。現代美術の流れを体系的に紹介。年に数回展示替えを行うほか、様々なジャンルの国際的スケールの企画展も開催している。美術図書館やミュージアムショップ、レストラン・カフェなどもある。

東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)
1926年(大正15)の開館以来、院展など多くの美術団体の公募展会場として親しまれてきた。報道機関との共催による企画展、美術普及のための講演会なども開催。美術専門の図書室やミュージアムショップ、レストランも併設。

東京都立葛西臨海公園(東京都江戸川区臨海町6-2-1)
東京湾に面した80万平方mに及ぶ広大な都市公園。葛西臨海水族園をはじめ、日本最大級の大観覧車、野鳥観察ができる鳥類園、芝生広場、バーベキュー広場、ホテルなどが点在する。

富岡八幡宮(東京都江東区富岡1-20-3)
1627年(寛永4)、長盛法印が霊夢に感じ永代島周辺の砂洲一帯を埋立て、社地と氏子の居住地帯を開き創建。源氏の流れを汲む徳川将軍家は、源氏の氏神である八幡宮をことのほか尊崇。将軍を始め一門がしばしば参拝し、社殿の造営修理を行うなど手厚く保護した。社殿は、1956年(昭和31)の再建。江戸三大祭りの一つ、深川八幡祭りで有名。定期的な勧進相撲は1684年(貞享元年)、ここの境内で始まった。境内には横綱力士碑が立つ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。