東京駅・銀座・日本橋周辺の観光スポット3 サンシャイン国際水族館など

サンシャイン国際水族館[サンシャインシティ](東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上)
池袋サンシャインシティのワールドインポートマートビル屋上にある水族館。アシカショーや水中餌付けショー、ペンギンのパレードなど、イベントも盛りだくさん。人気のラッコやマンボウなどの海の生きものだけでなく、鳥類や哺乳類なども飼育されている生命のワンダーランドだ。

サンシャイン60 展望台[サンシャインシティ](東京都豊島区東池袋3-1 サンシャイン60ビル・60F)
サンシャイン60ビルの地下1階から、高速エレベーターに乗ってわずか35秒。海抜251mの60階にある展望台からは、360度の大パノラマで東京が一望できる。天気が良ければ、富士山や伊豆半島、遠く日光の山並みも見渡せる。

篠原演芸場(東京都北区中十条2-17-6)
昭和25年(1950)にできた演芸場。たっぷり3時間以上のステージは芝居や歌謡ショーと盛りだくさんで、涙あり、笑いあり。目当ての役者が登場すると客席から声がかかり、おひねりが飛ぶ。月替わりで演じるのは大衆演劇協会に所属する劇団と関西、九州所属の劇団。

新文芸坐(東京都豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル3F)
昭和30年(1955)開館。2000年に新文芸坐としてリニューアルした。地下1階、地上5階のマルハン池袋ビルの3階部分に復活した。大スクリーンにゆったりとした座席、ドルビーEXという高水準の音響環境。「いい映画を安く多く見てほしい」と新旧作を2本立てで上映している。土曜はオールナイトも実施、多くのファンが訪れる。

巣鴨地蔵通り商店街(東京都豊島区巣鴨)
とげぬき地蔵で有名な高岩寺の参道として栄える門前町。200軒ほど連なる商店の店先には、肌着、草履、お茶、豆餅、塩大福等々お年寄り好みの商品がズラリと並ぶ。別名「おばあちゃんの原宿」として日本一有名な商店街である。

占春園(東京都文京区大塚3-29)
旧守山藩上屋敷跡につくられた公園。高低差のある斜面地の地形がうまく利用され、さまざまな樹木がうっそうと生い茂っている。細く階段状になった園路が池に向かって下り、池の周りは静かな雰囲気を漂わせている。旧東京教育大学の敷地跡を利用した教育の森公園、温水プールを完備した文京スポーツセンターに隣接。

全国伝統的工芸品センター(東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザ)
織物・染色品・陶磁器・和紙など、全国の伝統的工芸品およそ3500点を集めた施設。随時出展品が入れ替わる常設展示のほか、2週間交替で開催している特別展では、つくり手による実演・制作体験なども楽しめる。

外濠公園(東京都千代田区・新宿区)
四谷と飯田橋の間に続いている堀割は、かつては江戸城の外濠だったもの。内濠は皇居周辺に現存しているが、外濠の往時の面影を見られる場所は、ここのほかに飯田橋近くの楓の御門の石組みなど、数えるほどしか残っていない。この外濠に沿って公園が広がる。公園内にはテニスコートや野球場があり、さらに飯田橋方面に約270本の桜の見事な遊歩道が続いている。春なら飯田橋駅で降りて、四谷まで桜の下を歩くのもいいだろう。

東京駅・銀座・日本橋周辺の観光スポット2 雑司ケ谷鬼子母神堂など

雑司ケ谷鬼子母神堂(東京都豊島区雑司が谷3-15-20)
法明寺の鬼子母神堂。1664年(寛文4)、加賀藩主・前田利常の息女で、安芸藩主・浅野吉長夫人の寄進によって建立された。ここに祭られた鬼子母神尊像は、永禄年間(室町時代)、山村丹右衛門により今の文京区目白台で発見。東陽坊(のちに大行院と改名、法明寺に合併)に納められたもの。鬼子母神は、今日も広く安産・子育ての神として祭られている。郷土玩具の「すすきみみずく」1500円〜も販売。

伝通院(東京都文京区小石川3-14-6)
応永22年(1415)に創建された徳川家子女の菩提寺。広大な墓所には家康の生母・於大[おだい]の方や、2代将軍秀忠の娘・千姫[せんひめ]のほか、徳川家ゆかりの女性が眠る。また、歴史小説で知られる作家、柴田錬三郎らの墓もある。

根津神社(東京都文京区根津1-28-9)
今から約1900年前、日本武尊[やまとたけるのみこと]が千駄木の地に創祀したと伝えられる古社。1706年(宝永3)に徳川5代将軍綱吉が現在の社殿を奉建した。権現造りの壮麗な社殿、唐門、楼門などは重要文化財に指定されている。ツツジの名所としても名高い。

湯島天満宮(湯島天神)(東京都文京区湯島3-30-1)
春日通りの切通坂上り口にあり、泉鏡花の『婦系図[おんなけいず]』に登場する。菅原道真公を祀っていることから学問の神様として知られ、境内に咲く「湯島の白梅」とともに、毎年春には多くの合格祈願者や観梅者が訪れる。宝物殿も併設。

池袋演芸場(東京都豊島区西池袋1-23-1)
1951年(昭和26)の創業以来、55年以上の歴史を誇る寄席。椅子席92のアットホームな雰囲気の中で、落語・漫才・奇術・紙切りなどの演芸が楽しめる。1回の演芸は20分以上。1階入口のモニターを見てから決められるので便利だ。上席・中席・下席と、10日ごとに出演者や内容が替わる。チケットは劇場窓口で販売。

小石川後楽園(東京都文京区後楽1-6-6)
水戸徳川家ゆかりの回遊式築山泉水庭園(史跡・名勝)。1629年(寛永6)、初代藩主・頼房[よりふさ]が築いた庭園を、2代光圀[みつくに](水戸黄門)が改修して完成させた。7万平方m以上の広大な園内には、蓬莱島[ほうらいじま]と徳大寺石を配した大泉水を中心にウメ、サクラ、フジ、ハナショウブなどが植えられ、四季を通じて情緒豊かな景色が広がる。渡月橋、屏風岩、通天橋といった、日本各地と中国の名勝を模した岩や橋もある。

古代オリエント博物館[サンシャインシティ](東京都豊島区東池袋3-1-4 サンシャインシティ文化会館7F)
文化会館7階に、1978年(昭和53)開館。メソポタミア文明をはじめ、インダス文明、エーゲ文明、ヘレニズム文明を生んだ古代オリエントの歴史を紹介。シリアで実施した発掘調査の出土品に加え、考古、美術、歴史などに関する幅広い史料を展示している。スライドやビデオを上映するビジュアルスペースも充実。

コニカミノルタ プラネタリウム 満天[サンシャインシティ](東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上)
池袋サンシャインシティのワールドインポートマートビル屋上にあるプラネタリウム。大都会では見ることの少なくなった、満天の星空を体験できる。ドーム全体に高画質のフルカラーCG動画を投影する、最新のシステム「スカイマックス」を設置。プラネタリウム番組とCGプラネタリウム番組、星空・音楽・香りに包まれるヒーリング番組の異なる3種類が1日に上映される。

新橋・汐留・お台場周辺の観光スポット5 東京ドームなど

東京都中央卸売市場築地市場(東京都中央区築地5-2-1 )
魚介類や青果物を主に売買する、日本随一の大市場である。場外場内と分かれるが、場内だけでも面積は約7万坪、毎朝約5万人の買い出し客などで賑わっている。市場外周辺には、市場内からの新鮮な素材を用いた寿司屋などの飲食店が多く立ち並び、食べ歩くのも楽しいかも。新鮮な素材の味と活気を味わえる。
セリのプロが早朝に集う東京の巨大な台所

東京駅(東京都千代田区丸の内)
首都の中央駅として,大正3年(1914)に完成,営業を開始した。丸の内側の開業当初の駅舎は6年余りをかけて造りあげた鉄骨・煉瓦・石造りの建築で,辰野金吾の設計によるルネッサンス様式。駅舎内にはクラシックホテルとして人気のある東京ステーションホテルもある。

浜離宮恩賜庭園(東京都中央区浜離宮庭園1-1)
松平綱重別邸を前身とし,明治3年宮内庁所管となり皇室遊宴の地にあてられていたが,昭和20年東京都に下賜,開放された代表的な大名庭園。様式は,汐入の池中心の回遊型で現存する汐入の庭として貴重なもの。園内は老樹が多く,園の東側の梅林のそばに「隅田川ライン」の水上バス船着場があり,ここから隅田川めぐりをすることもできる。(国指定特別名勝・特別史跡)(25ha)

千鳥ケ淵緑道の桜並木(東京都千代田区九段北)
お堀ばたにサクラのトンネルが出来る。

東京国立近代美術館フィルムセンター(東京都中央区京橋3-7-6)
映画に関するあらゆる資料を収集

東京ドーム(東京都文京区後楽1-3)
日本初の屋根付野球場として昭和63年3月にオープン。グラウンド面積1万3000平方m,収容人員5万6000人。厚さ0.8mmのガラス繊維布でできた屋根は内外の気圧差によってささえられており,気温は夏28度,冬は18度に保たれ,快適な空間となっている。外周には野球体育博物館がある。

新橋・汐留・お台場周辺の観光スポット4 「フーテンの寅」像など 

国会議事堂(東京都千代田区永田町)
日本の議会政治の殿堂。17年の歳月をかけてつくられた。

六本木金魚(東京都港区六本木3-14-17 )
3フロア吹き抜けの迫力ある舞台で華麗に踊る、ダンサーたちは男性・女性・ニューハーフ・・・年齢性別不詳。コミカルなものから近未来的なものまで、本格的で質の高いショーが楽しめる。ショータイムは1日2回(金・土は3回・時間要問い合わせ)。ショーチャージ込みのコースは6000円〜(サ別)。
圧倒的なスピードと迫力変幻自在の舞台に驚嘆!

東京都葛西臨海水族園(東京都江戸川区臨海町6-2-3 )
世界初のマグロ群泳、世界の海の魚類など。

富岡八幡宮(東京都江東区富岡1-20-3 )
日枝神社、神田明神と並ぶ江戸の代表神社。横綱力士碑や力持ちの碑などがある。

行船公園(東京都江戸川区北葛西3-2-1)
広さ30000平方mの園内の南半分は明るい洋風庭園で,噴水広場を持つ児童庭園や小動物と遊べる自然動物園などがあり,北半分は緑の中を散策できる和風庭園(江戸川平成庭園)で,林泉園,水生植物園,茶室「源心庵」などがある。

題経寺(柴又帝釈天)(東京都葛飾区柴又7-10-3)
帝釈天をまつり、行方不明だった板本尊が見つかったのが庚申の日だったことから庚申の民間信仰が盛んであり、60日ごとの庚申の縁日には除病、延寿の神として多くの参拝者で賑わう。柴又七福神の一つ(毘沙門天)。映画「男はつらいよ」で一躍有名になった。

八幡宮一の鳥居跡(東京都江東区門前仲町交差点付近)
一の鳥居から参道になり賑やかな町として栄えた。

香取神社(亀有)(東京都葛飾区亀有3-42-24)
祭神は経津主命。社務所の庭内に、幕府の役人山崎玄恵が水を掘りあてて村人に感謝されたしるしの「玄恵井の碑」がある。

「フーテンの寅」像(東京都葛飾区柴又4-8-14)
平成8年、渥美清さんの死去後、同年秋より地元参道の商店街が像の建立を計画。費用は、観光客らを対象に募金活動をして集めました。この像は、第40作「寅次郎サラダ記念日」の中で、旅に出る寅さんがさくらの方を振り返ったシーンをモチーフとしたもので、柴又の新名所として平成11年8月29日に完成しました。 近くに柴又観光案内所があります。

南蔵院(しばられ地蔵)(東京都葛飾区東水元2-28-25)
大岡政談の一つとして知られる「しばられ地蔵」がある。本堂左側の小さな堂の中に荒縄でぐるぐる巻きにされた小さな地蔵尊である。盗難・厄除け、足留めの願をかけるときは、大岡裁きの故事に由来して地蔵尊を縄でしばり、願いが叶えば縄解きをする。毎年12月31日と元旦の2日間、だるま供養「結びだるま市」が開かれる。

小菅東スポーツ・小菅西公園(東京都葛飾区小菅3-1-1(小菅東スポ-ツ公園)/小菅1-2-1(小菅西公園))
下水処理場上部を利用した公園で、大花時計やアスレチック施設(小菅西)・日本庭園・テニスコート(小菅東スポーツ)を有する。

明治丸(東京都江東区越中島2-1-6 東京海洋大学内)
明治7年政府がイギリス・グラスゴーで建造依頼し灯台監視船として購入。現存するわが国最古の帆船。

新橋・汐留・お台場周辺の観光スポット3 「フーテンの寅」像など 

国会議事堂(東京都千代田区永田町)
日本の議会政治の殿堂。17年の歳月をかけてつくられた。

六本木金魚(東京都港区六本木3-14-17 )
3フロア吹き抜けの迫力ある舞台で華麗に踊る、ダンサーたちは男性・女性・ニューハーフ・・・年齢性別不詳。コミカルなものから近未来的なものまで、本格的で質の高いショーが楽しめる。ショータイムは1日2回(金・土は3回・時間要問い合わせ)。ショーチャージ込みのコースは6000円〜(サ別)。
圧倒的なスピードと迫力変幻自在の舞台に驚嘆!

東京都葛西臨海水族園(東京都江戸川区臨海町6-2-3 )
世界初のマグロ群泳、世界の海の魚類など。

富岡八幡宮(東京都江東区富岡1-20-3 )
日枝神社、神田明神と並ぶ江戸の代表神社。横綱力士碑や力持ちの碑などがある。

行船公園(東京都江戸川区北葛西3-2-1)
広さ30000平方mの園内の南半分は明るい洋風庭園で,噴水広場を持つ児童庭園や小動物と遊べる自然動物園などがあり,北半分は緑の中を散策できる和風庭園(江戸川平成庭園)で,林泉園,水生植物園,茶室「源心庵」などがある。

題経寺(柴又帝釈天)(東京都葛飾区柴又7-10-3)
帝釈天をまつり、行方不明だった板本尊が見つかったのが庚申の日だったことから庚申の民間信仰が盛んであり、60日ごとの庚申の縁日には除病、延寿の神として多くの参拝者で賑わう。柴又七福神の一つ(毘沙門天)。映画「男はつらいよ」で一躍有名になった。

八幡宮一の鳥居跡(東京都江東区門前仲町交差点付近)
一の鳥居から参道になり賑やかな町として栄えた。

香取神社(亀有)(東京都葛飾区亀有3-42-24)
祭神は経津主命。社務所の庭内に、幕府の役人山崎玄恵が水を掘りあてて村人に感謝されたしるしの「玄恵井の碑」がある。

「フーテンの寅」像(東京都葛飾区柴又4-8-14)
平成8年、渥美清さんの死去後、同年秋より地元参道の商店街が像の建立を計画。費用は、観光客らを対象に募金活動をして集めました。この像は、第40作「寅次郎サラダ記念日」の中で、旅に出る寅さんがさくらの方を振り返ったシーンをモチーフとしたもので、柴又の新名所として平成11年8月29日に完成しました。 近くに柴又観光案内所があります。

南蔵院(しばられ地蔵)(東京都葛飾区東水元2-28-25)
大岡政談の一つとして知られる「しばられ地蔵」がある。本堂左側の小さな堂の中に荒縄でぐるぐる巻きにされた小さな地蔵尊である。盗難・厄除け、足留めの願をかけるときは、大岡裁きの故事に由来して地蔵尊を縄でしばり、願いが叶えば縄解きをする。毎年12月31日と元旦の2日間、だるま供養「結びだるま市」が開かれる。

小菅東スポーツ・小菅西公園(東京都葛飾区小菅3-1-1(小菅東スポ-ツ公園)/小菅1-2-1(小菅西公園))
下水処理場上部を利用した公園で、大花時計やアスレチック施設(小菅西)・日本庭園・テニスコート(小菅東スポーツ)を有する。

明治丸(東京都江東区越中島2-1-6 東京海洋大学内)
明治7年政府がイギリス・グラスゴーで建造依頼し灯台監視船として購入。現存するわが国最古の帆船。

新橋・汐留・お台場周辺の観光スポット2 アクアシティお台場など 

アクアシティお台場(東京都港区台場1-7-1)
地中海の街並をイメージしたパステルカラーの外観がひときわ目立つ、フジテレビ正面に立つショッピングモール。ファッション、コスメ、アクセサリー、雑貨、インテリア等、約120店舗が集まっている。特に約50店舗あるレストランが充実。なかには深夜営業の店もあるので、お台場の夜をゆっくり満喫したい。
リゾート気分でゆったり優雅にお買い物

汐留シオサイト(東京都港区東新橋1-8)
街の中に、衣・食・住のすべてが集まった話題の複合施設「汐留シオサイト」。オフィスビルや日テレタワー、公園のほか、劇場やアートギャラリーなどもある。レストランやショップも充実しているので、友達やカップルで一日中楽しめる。また、さまざまなイベントも開催している。アクセスも良く利用しやすい。
都内で最大の人気の複合施設

ガスの科学館(東京都江東区豊洲6-3-16)
東京港に面した江東区豊洲の東京ガス豊洲工場内にあり、日常生活の中で何気なく使っているガスを科学の目でとらえなおし、気体の科学や都市ガスと社会生活のかかわりなどが理解できる。最新の映像メディアや実物、模型、実験、実演を通して、楽しく体験できるので校外学習にも最適。

クラブハウスレストラン(東京都品川区東品川5-9-16 クリスタルヨットクラブ内)
運河を行き交う船に、天王洲アイルを眺めながらフランス料理が楽しめるレストラン。旬の魚を使った『本日の魚料理』は、素材をいかしたおすすめの一品だ。人気のランチは、確実に食べられるように、予約も受けているので並ばなくてもいいのが嬉しい。木金土と祝前日にはナイトクルーズができるプランもある。
新感覚でおしゃれな水辺のレストラン

国立劇場(東京都千代田区隼町)
伝統芸能の保存・振興を目的として建てられたわが国唯一のもの。

六本木(東京都港区六本木)
スナック・サパ-クラブ・高級レストラン・ディスコ・カフェバ-等が集る。

ブルーノート東京(東京都港区南青山6-3-16 ライカビル)
ジャズを中心とした世界トップクラスのアーティストによるステージと、季節の素材を生かしたフレンチ・ベースの料理、ワインやオリジナルなどが楽しめるクラブ。シェフおすすめの料理が楽しめるトゥデイズ・スペシャル。その日の演出アーティストにちなんだオリジナルカクテルも見逃せない。
最高級のジャズと食事はNYスタイルで楽しむ

アニヴェルセル表参道(東京都港区北青山3-5-30)
表参道のランドマーク。人気のカフェやレストランの他、百種類以上のシャンパンやオリジナルショコラ、フラワー、ジュエリー等、「記念日」をテーマに女心をくすぐる洗練されたギフトが並ぶ。またウィメンズコレクションでは、ドレスからタウンウェア、ジュエリー、小物迄トータルコーディネートが楽しめる。
「記念日」を素敵に彩るギフトアイテムが勢揃い

新橋・汐留・お台場周辺の観光スポット1 フジテレビ本社ビルなど

東京タワー大展望台(東京都港区芝公園4-2-8)
地上150mの大展望台・250mの特別展望台からは、晴天の日には遠く富士山・三浦半島・房総半島まで一望できる。

お台場海浜公園(東京都港区台場1-4-1)
静かな入江を囲んでいる公園で、磯のような親水護岸で釣り等も楽しめる。また港や都心の眺めもよい。

東京都庁舎展望室(東京都新宿区西新宿2-8-1)
平成3年4月に有楽町から新宿に移転した東京都新都庁は,売り物の展望室を中心に人気を呼んでいる。

浅草橋雑貨屋街(東京都台東区浅草橋)
玩具,手芸用品,ディスプレイ用品,衣料品等の問屋が並ぶ。

六本木ヒルズ(東京都港区六本木6 )
東京の新名所。発案より17年、民間主導の再開発事業として国内最大規模を誇る新しい街が2003年4月に誕生。ランドマークとなる「六本木ヒルズ森タワー」を中心にホテル、映画館や商業施設、美術館、展望台などが集結。多くの店舗がここにしかないオンリーワンを掲げており、密やかな贅沢を手にできる。
ここにしかないスペシャリティが集結

フジテレビ本社ビル(東京都港区台場2-4-8)
東京の新しい観光スポットとしてすっかり定着したビル。屋内には、フジテレビ関連グッズショップやレストラン、地上100mから臨海パノラマを楽しめる球体展望室などがある。見学コースのスタジオプロムナードでは、テレビ画面には映らないスタジオ風景が見られておもしろい。見学所要時間は約1時間。
フジテレビに潜入?裏側をのぞく

キッザニア東京(東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲)
子供たちが好きな仕事にチャレンジし、楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる施設。

VenusFort(京都江東区青海1 パレットタウン内)
お台場の代名詞ともいえるテーマパーク型ショッピングモール。中世のヨーロッパの街並みを再現した館内の天井には、昼、夕方、夜と表情を変える空が広がる。約180店舗のショップやレストラン、カジノを楽しめるアミューズメント施設が揃う館内には、買い物客をサポートするアテンダントクルーもいる。
お台場を代表する一大ショッピングモール

都立潮風公園(東京都品川区東八潮1-2 )
臨海副都心内で最大の公園。約15万平方mの敷地は、首都高をはさんで北地区に夕日の塔が建つ展望広場や芝生に覆われた太陽の広場、南地区に船の形をした遊び場のしおかぜ丸などがある。海に面したコーストデッキなど歩くだけで気持ちいい。レンタルでバーベキュー(受付03・5500・0689)も楽しめる。
潮風を浴びて歩きたいベイエリアの憩いの場

新宿・渋谷・六本木の観光スポット5 こどもの城など

新宿・渋谷・六本木の観光スポット5

こどもの城(東京都渋谷区神宮前5-53-1)
造形スタジオ、音楽ロビー、プレイホール、パソコンルーム、ビデオライブラリー、体育室、プールなどを備え、親子で楽しめる体験大型児童センター。子育て支援のプログラムも充実している。青山劇場、青山円形劇場(電話:03-3797-5678)併設。

THE PRIME(東京都渋谷区道玄坂2-29-5)
映画館「シネセゾン渋谷」やビリヤード・ダーツ・シュミレーションゴルフの「バグース道玄坂店」、占い「開運館」など、カジュアルなアミューズメント施設が充実。また、2010年3月には地下1階〜2階に国内最大級の「ユニクロ」、6階に軽音楽や演芸主体の多目的ホール「SPACE SHOWER TV THE DINER」がオープン。エスニック系や町家和食のレストランもあり、「遊ぶ・食べる・飲む」が楽しめる。

東京オペラシティ(東京都新宿区西新宿3-20-2)
ビジネス、商業、文化の3つのゾーンが一体となった複合文化施設。客席数1632席のコンサートホールでの公演や、新国立劇場でのオペラやバレエなど、芸術活動が盛んだ。53〜54階、1〜2階と地下1階はショップやレストランが揃う。

Bunkamura(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)
東急本店の隣にある複合文化施設。コンサート、オペラ、バレエなど多彩な公演を行うオーチャードホールや、蜷川幸雄氏を芸術監督とするシアターコクーンのほか、多種多様な展覧会を開催するザ・ミュージアム、海外の名作映画を上映するル・シネマなど文化関連施設が勢揃い。パリのカフェ「ドゥ マゴ」と業務提携をしているドゥ マゴ パリをはじめ、レストランや各種ショップも充実。

明治神宮外苑(東京都新宿区霞ケ丘町・港区北青山)
JR信濃町駅と東京メトロ外苑前駅の間に広がる神宮外苑には、神宮球場(電話:03-3404-8999)、ゴルフ練習場(電話:3401-4359)、にこにこパーク(電話:3478-0550)などの施設がある。聖徳記念絵画館(電話:3401-5179)では延べ250mの壁面に、80枚の絵画などを展示。青山通りから続く有名なイチョウ並木も必見。秋になると、黄色に染まった146本のイチョウのトンネルと、落ち葉が敷き詰められた300mほどの道はとても幻想的で、多くの人が訪れる。

新宿・渋谷・六本木の観光スポット4 明治神宮など

新宿・渋谷・六本木の観光スポット4

ブラームスの小径[竹下通り](東京都渋谷区神宮前1)
竹下通りの南側に並行するレンガ敷きの遊歩道。ブラームスの胸像がある。落ち着いた雰囲気の美容院やカフェなどが並ぶ。

宝物殿[明治神宮](東京都渋谷区代々木神園町1-1)
明治神宮の境内北側に立つ施設。奈良の正倉院の校倉造りを模した、わが国初期の鉄筋コンクリート建築として有名。明治天皇、昭憲皇太后の御物などが常設展示されている。

明治神宮(東京都渋谷区代々木神園町1-1)
JR山手線原宿駅西側に広がる広大な境内地。1920年(大正9)の創建で、明治天皇、昭憲[しょうけん]皇太后を祀る神社。初詣の参拝者数は、29年間連続日本一。国民からの献木約10万本によって造成された代々木の杜約70万平方mは、緑深く心に安らぎを与えてくれる。

明治神宮御苑[明治神宮](東京都渋谷区代々木神園町1-1)
明治神宮境内。江戸時代に井伊家の下屋敷だったところで、武蔵野の雑木林の面影が残る。6月中〜下旬には、苑内の菖蒲田で約1500株のハナショウブが開花。茶室の隔雲亭も趣きがある。

モザイク通り(東京都新宿区西新宿)
新宿駅西口と南口をつなぐショッピングストリート。ここを通れば、西口から南口への近道になる。鮮度の高い雑貨ショップやゆったりできるカフェなどが並び、楽しく散歩しながら買い物ができる。

森美術館[六本木ヒルズ](東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F)
森タワー53階に位置する美術館。写真、建築、デザインなど幅広くコンテンポラリーアートを紹介するほか、様々なかたちでアートを楽しめるパブリックプログラムも数多く開催。22時まで開館(火曜は17時)しているので、気軽に足を運べる。

代々木公園(東京都渋谷区代々木神園町2-1)
かつては陸軍代々木練兵場として使われ、戦後、ワシントンハイツ、東京オリンピック選手村を経て公園となった。森林浴、野鳥観察などを楽しむ人々で賑わう。広さは約54万平方m。原宿駅すぐの原宿門から代々木公園側の西門へは徒歩で20分ほど。

ランブリングストリート(東京都渋谷区道玄坂2)
東急百貨店本店脇の渋谷シティホテルから円山町を抜けて、道玄坂上交番へと向かう約500mの通り。ライブハウスの「SHIBUYA O-EAST」と「SHIBUYA O-WEST」や、「club asia」などが密集している。

ルミネtheよしもと(東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ2 7F)
1日最大6公演。テレビで見かける人気者や吉本新喜劇・スペシャルコントが出演する公演から、注目株の若手芸人の出演するイベント、オールナイトライブまで毎日開催。とにかく笑いたい方は必見、必笑だ。吉本グッズやプレミアグッズが入手できる「よしもとテレビ通り」(時間:11時〜21時30分、土・日曜、祝日は10時〜、無休)も人気。

ワタリウム美術館(東京都渋谷区神宮前3-7-6)
世界で活躍する現代美術の芸術家や作品を紹介する。所要時間1時間。併設されたオン・サンデーズ(時間:11〜20時、水曜は〜21時)では、洋書や写真集、ポストカード、文具などを販売。また印象的な建物はスイスの建築家マリオ・ボッタの設計。

新宿・渋谷・六本木の観光スポット3 原宿占い館塔里木など

新宿・渋谷・六本木の観光スポット3

たばこと塩の博物館(東京都渋谷区神南1-16-8)
1978年(昭和53)、日本専売公社(現在の日本たばこ)が設立。専売品だった、たばこと塩にまつわる文化と歴史を紹介している。中2階では、原産地南米から世界中に広がったたばこの歴史や世界のパッケージ、喫煙具などを紹介。2階では日本国内のたばこの歴史や、懐かしいパッケージが時代を追って展示されている。3階は塩のフロア。塩に関する資料映像のほか、日本での製塩の変遷を紹介するジオラマや、ポーランド産の1.2トンの巨大岩塩も展示。これは一見の価値あり。企画特別展や講演会も行っている。所要1時間。

東京シティビュー[六本木ヒルズ](東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F)
六本木ヒルズ森タワーの52階に位置する展望台。海抜250m、周囲に視界をさえぎるものがない恵まれた立地から、ダイナミックに都内の眺望が楽しめる。

東京都写真美術館[恵比寿ガーデンプレイス](東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)
恵比寿ガーデンプレイスの敷地南側にある、国内唯一の写真と映像の専門美術館。3つの展示室では国内外の著名写真家による個展をはじめ、独自の企画展や新進作家の作品展など年間約25本の多彩なプログラムを用意。いつ訪れても楽しめる。映画館では質の高い映画を上映している。

東京都庁展望室(東京都新宿区西新宿2-8-1)
新宿西口の顔として定着した東京都庁。45階の展望室では地上202mの高さから東京が一望でき、多くの人が訪れる。日中なら、お台場方面がよく見える南展望室がおすすめ。カフェ(電話:03-5909-7945)で軽い食事もできる。22時30分まで開いている北展望室は、夜景を眺めながらカフェ&バー(電話:03-5320-3721)で酒類が楽しめる。

TOHOシネマズ 六本木ヒルズ[六本木ヒルズ](東京都港区六本木6-10-2 けやき坂コンプレックス)
週末はオールナイト営業をしている六本木ヒルズにふさわしい新スタイルのシネコン。飛行機のファーストクラス感覚で映画が楽しめるプレミアスクリーンやラウンジ、ガーデンなどちょっと贅沢なプレミアゾーンと、国内最大級のメインスクリーンを含むロードショーゾーンに計9つのスクリーンがある。日本初の芸能人やセレブリティ専用のバルコニーもあり、セレブと同じ時間と空間で映画を見るチャンスもあるかも!全席完全指定席でネット購入可能。

戸栗美術館(東京都渋谷区松濤1-11-3)
日本でも数少ない陶磁器専門の美術館。実業家・戸栗亨氏が蒐集した伊万里、鍋島などの有田磁器や、中国・朝鮮の陶磁器を主体として約7000点が収蔵されている。年4回企画展示を開催。売店では有田焼のそば猪口や鉢など、ふだん使いの焼きものを販売している。所要1時間。

原宿占い館塔里木(東京都渋谷区神宮前1-7-2 サンズビルB1(竹下通り))
東洋、西洋占星術やタロットカード、人相、手相、四柱推命、易など、さまざまな占いをする30名以上の占い師が所属。12部屋ある館内を自由に歩いて好みの先生や占いを選べる。料金は時間制で、20分3300円〜。大学・専門学生は2800円〜。高校生は2300円〜。

日枝神社(東京都千代田区永田町2-10-5)
「山王さま」の愛称で知られる神社。江戸時代、徳川将軍の産土神として、江戸一の大社だった。毎年6月15日前後に行われる山王祭ではひときわ賑わいをみせる。

毘沙門天(善国寺)(東京都新宿区神楽坂5-36)
「毘沙門様」として親しまれている日蓮宗の寺。毘沙門天は多聞天ともいわれ、七福神の一人でもある。文禄4年(1595)の創建以来安置されている毘沙門天像は、新宿区の文化財に指定されている。

ファイアーストリート(東京都渋谷区神南1)
電力館から原宿へと続く200mほどの通り。消防署があることからこの名が付いた。右側にはアロハや古着、エスニック小物などを扱う小規模な専門店が並ぶ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。